FC2ブログ

パソコンサポートの事例

パソコンが好きでこの仕事に従事して、15年を経過しました。 サポート事例を紹介して皆様の参考にしていただければと思い、サポートの事例を書くこととしましたので、よろしくお願いします。

雨水に濡れたノートパソコンの復旧で訪問(2019年8月20日)

以前にキーボードを濡らした結果、PC起動後にブルー画面になり「問題が発生したため再起動する必要があります」が表示された事例がありましたが、その時はキーボードをドライヤーで乾燥させただけで問題解決できました。
今回は、
電源を投入してもBIOS画面が表示されて何回エンターしても同じ画面に戻るのみで、それ以上先に進みませんでした。
原因は水没に近い状態だったため、発生直後に対応すれば良かったのですが、4日間が過ぎていたためハードディスクが完全に起動不能状態になっていました。
まさか水没状態だったとは電話を受けた時には想像できませんでした。
念のため、
ハードディスクを取り出すために裏蓋を開いてみると、まだハードディスクがびしょびしょに濡れていました。
ドライヤーで十分に乾燥させてから、
ハードディスクをUSB接続用アダプタに取り付けて電源を接続しましたが、ハードディスクのモータ回転音を確認できませんでした。
完全に死んでいる状態で、パソコンに接続しても認識されませんでした。
ドライヤーの乾燥を数回繰り返して再接続しましたが、モータを回転させることはできませんでした。
本日の作業は以上で終了です。残念!!

作業時間:1時間

ウイルスバスター2台目PCにインストールできない問題で訪問(2019年8月16日)

最初にダウンロード、インストールまでは問題なく進むことが出来ましたが、シリアル番号の設定時にウイルスバスターへのサインイン画面となり、しかもパスワード不一致のためシリアル番号設定に失敗しました。

今日の作業を振り返って原因を確かめると、
■ウイルスバスターに登録されていたメールアドレスが変更され、メールが受け取れないことが最大の理由だと思われます。
メールアドレスを変更前に戻そうとしましたが、既に削除済みで復活できませんでした。
「パスワードを忘れた」で進んでも、登録されているメールでの受信ができないため、パスワードの初期設定ができない。
もう一つの手段である「シリアル番号でログイン」で正しいシリアル番号を入力しても、「不明なシリアル番号」で拒否されてしまいました。
これは、パスワード不一致で何回もログインを試みた時に、アカウントがロックされたためと思われます。
▼結局、2台目PCにはウイルスバスターのインストールを諦めていただき、Windows Defenderを使っていただくことで終了しました。

作業時間:1時間

お客様が出来る範囲で済ませた購入パソコンの設定で訪問(2019年8月3日)

作業は、短く済みました。
1番目に、MS Office2016をインストールする前にマイクロソフトアカウントの登録作業を行いましたが、既に登録済みで問題なくサインインが出来ました。 MS Office2016のインストール&認証が、ダウンロードすることも無く、プロダクトキーのみで完了できました。こんなことは初めての経験でした。意外?でした。
2番目に、MS OutlookにSO-NETメールアカウントを設定し、メール送受信を確認しました。これも問題なく完了できました。
3番目に、Google chromeのインストールとAdblock plusをインストールしました。これにより、広告をブロックしてマルウェアの危険性を減らしました。
本日の作業は以上です。

作業時間:1時間

小規模オフィスサーバーの定期点検で訪問(2019年8月2日)

毎月1回訪問して、サーバーの運転状況とバックアップ実行状態の点検を行っていますが、
今回もサーバー等に問題はありませんでした。
今回は、問題発生時のイメージトレーニングも兼ねて、全体のバックアップ処理の再確認を行いました。
以前にトラブルが発生したときに、思いの外正常に切り替えが出来たので、その時をイメージしながらトレーニングを行いました。
メインサーバーの全てのデータをバックアップサーバーにコピーしてからバックアップサーバーをメインサーバーに切り替える処理を思い出して、切り替え時の操作手順を確認しました。
常日ごろから最悪を想定して対策を検討しておくことが重要だと思います。

作業時間:1時間

購入されたノートパソコンの初期設定で訪問(2019年7月30日)

電源を投入後、最初にWifiルータのSSIDとパスワードを設定して、Wifi接続に成功しました。
2番目に、MS Office2016をインストールする前にマイクロソフトアカウントの登録作業を行いましたが、現在使用中のGメールが許可されず、失敗してしまいました。
3番目にマイクロソフトアカウントを新規のメールアドレス取得にて登録しました。
4番目に、現在利用中のGメールアドレスがマイクロソフトアカウントとして許可されない理由調査のため、
Gメール用ブラウザとしてGoogle chromeのダウンロードを開始しましたが、2時間を要することが分かり中断して、EdgeをGメールブラウザーとしたところ「セキュリティーに重大な支障がある」として、アカウントがロックされてしまいました。
解除には安全なメールソフトからの操作が必要とのことで、Google chromeのダウンロードが必要なことが分かり、2時間を覚悟してダウンロードに取り掛かりました。
結果、何とかGメールの利用が可能となりました。「最初からダウンロードしておけば良かった」と後悔しました。
5番目に、プリンターとスキャナーのドライバー並びにアプリケーションをインストールして、テスト印刷とスキャナーの取り込みに成功し、無事作業を完了することができました。

作業時間:4時間