FC2ブログ

パソコンサポートの事例

パソコンが好きでこの仕事に従事して、15年を経過しました。 サポート事例を紹介して皆様の参考にしていただければと思い、サポートの事例を書くこととしましたので、よろしくお願いします。

パソコンを起動後、ドライバーのインストール画面が出て消えない(2018年7月28日)

訪問してパソコンを起動すると「ドライバーをインストールして下さい」、「Windowsの更新前にインストールして下さい」の二つの画面が消えなかったため、タスクマネージャーを起動して「簡易表示」画面を見たところ二つのIEが表示されていたので、「タスクの終了」で強制終了させました。
この他に怪しいソフトがインストールされていないかどうか「AdwerCleaner」と「アプリと機能」で確認しましたが、問題は無い模様でした。
不明なソフトのOKボタンを押す前に連絡をいただいたため、駆除作業が超簡単に完了しました。

作業時間:30分

パソコンが起動画面(メーカロゴ)から進まない問題で訪問(2018年7月27日)

訪問して電源を入れる前にUSB接続を全て外して電源を投入したところ問題なく立ち上がりました。
再度USB(外付けハードディスク)を挿入しましたが、故障等もしておらず何が原因だったのかは分かりません。(再現せず)
なお、立ち上がり時間と操作時の応答時間等、パソコンが遅くなっていたため「ディスクのクリーンアップ」と「システムのクリーンアップ」を行いました。
完了するまでに長時間を要してしまいました。

作業時間:2時間30分

ウイルスバスターの期限延長とマルウェア駆除で訪問(2018年7月26日)

ウイルスバスターの期限が今月末(7/31)で終了となりますが、サポートを依頼された方はクレジットカード決済やコンビニ支払いが煩わしいので、DVDパッケージ版を購入して何とかして欲しいとの要望をされたため、パッケージ版のシリアル番号にて延長作業を行い問題なく2021年7月31日まで延長設定することができました。

次に、前回訪問したときにマルウェアである「Auto-Fixer Pro-2018」を駆除しましたが、駆除したはずが いまだに居座っていました。更に「Malware Crusher」、「Wintonic」など新たなマルウェアが侵入していたため「Adware Cleaner」と削除手順に従った方法で削除を行い、無事、削除が完了しました。前回は最終確認時に「Auto-Fixer Pro-2018」の「行動してください」の画面が消せなかったのですが今日は問題なくクリアできました。 自分ながら良くやったと満足しています。

作業時間:2時間

パソコンの「フォト」アプリが起動しない問題で訪問(2018年7月20日)

連絡をいただいた事象を確認したところピクチャの画像を開くと、フォトアプリが起動して直ぐに、何もせず終了してしまうと言う問題を確認しました。
「フォト」アプリは削除や、再インストールができないため、困りました。
ネットから同様の事例が無いかどうか調べたところ、以下の対処方法が示されていました。
【対処方法】
「Windows のTEMP、TMPの環境変数をCドライブにする」
「 %USERPROFILE%\AppData\Local\Temp → C:\AppData\Local\Temp」
上記の対処と再起動を行いましたが、解決できませんでした。

今度は、ユーザアカウントに問題があると推定して、ユーザアカウントを新規に作成し「ピクチャ」フォルダのフォトファイルを旧ユーザアカウントから新規アカウントに移動したところ、「Windowsフォトビューア」アプリで写真を表示できるようになり、解決できました。

その他、メールアカウントの設定、グーグルフォトのインストールとスマホPCの連携設定や便利なアプリを数々インストールして作業を完了いたしました。

作業時間:5時間30分

サーバーの定期点検とPCバックアップで訪問(2018年7月19日)

毎月1回サーバーの運転状況とバックアップが正常に実行されているかどうかの点検を行っています。
先月22日の確認から約1ヵ月ぶりですが点検の結果、問題なく運転されていることを確認しました。
PCのCドライブ丸ごとバックアップは今回は5台を実施して、Windows10(ビルド1803)更新以降をほぼ完了しました。

作業時間:2時間

PC不調により訪問(2018年7月11日)

起動中のパソコン画面を見ると「PC Fixer Pro-2018」、「Auto Fixer Pro-2018」、「Driver Updater」画面が表示されていましたので、即刻削除を行いました。
これらのソフトは「マルウェア」と呼ばれるウイルスに近いが、悪意を持った通常のソフトとなるため、セキュリティーソフトは放置しています。
放置されたマルウェアは次のマルウェアを誘導してどんどん仲間を増やしていきます。

ところが、しばらく様子を見ていると先ほど削除したはずの「Auto Fixer Pro-2018」がインタネットを表示させた時のタイミングでタスクトレイに表示が出てきてしまいました。
タスクマネージャで強制終了後には出てこなくなりましたが、どうでしょうか?
再起動して様子を見ましたが、再現しませんでした。
もしも、今後再現するようでしたら訪問して対処することで作業を終了いたしました。

作業時間:2時間

プリンターが使えないため訪問(2018年7月6日)

訪問して印刷を試みると、「用紙がセットされていないためオフライン状態」となっていました。
プリンターに用紙をセットするとオンライン状態に変わったためもう一度テストプリントを行いましたが、再び失敗しました。
印刷ジョブを表示させると前回失敗した印刷ジョブが溜まっていて、今実行した印刷が待ち合わせ状態となり阻止された模様でした。
前回の失敗した印刷ジョブを削除(キャンセル)した後、テストプリントを行ったところ無事印刷が開始されました。

作業時間:1時間